障害年金受給の流れ

主な障害年金を受け取ることができる条件としては、決められた障害等級に障害の症状が該当していること、保険料を決められた条件を満足するように納めていることの2つがあります。
社会保険庁などで保険料の納付確認は可能で、障害等級表という等級と症状の対応表で障害等級は確認することが可能です。


障害年金を申請する場合には、障害年金受給の流れについて把握しておくことが必要です。
まず、障害年金受給手続きなどに関して、相談できるところを選ぶことが必要です。
さらに、障害年金を受給するための書類としては、どのようなものがあるのか把握しておくことが必要です。
初めに特に必要な書類は、初診日を証明するものです。
この書類は、担当の医師に初診日に作ってもらうことが必要です。
次に、それぞれ申請のための書類を入手して、自分で書いて作ります。
そして、全ての必要な書類が揃えば、一式の書類を役所に出します。
審査や裁定は、3ヶ月ほど平均してかかります。
最終的に受理されると、指定の住所に振込通知書が送られてきて、障害者自らが指定した口座に、最初の年金が振り込まれます。


また、障害が身体的なもの以外にも、精神的な統合失調症やうつ病などの障害についても認定基準を障害が満足していると、受給できる対象になります。
この場合、等級などを判定するのは、日常生活の能力や状況などが使用されます。


本サイトでは、障害年金を受給する、法律事務所に依頼、受給するまでの流れ、についてご紹介します。


[Recommend site]
障害年金を受給するための申請手続きのお手伝いをしてくれる法律事務所です > > 障害年金の申請

Copyright © 2014 障害年金受給の流れ All Rights Reserved.